1. ごあいさつ

    白い歯と美しい歯並び

  2. 院内のご案内

    完全個室のリラックスできるサロン空間

  3. 診療時間・アクセス

    東京都品川区大井町に密着して

  4. 求人情報(受付スタッフ)

    資格不要!ホワイトニング受け放題!

  5. 衛生士募集!大井町矯正歯科採用情報

    大井町矯正歯科は働く環境の良さを大切にしています。

矯正治療

歯列矯正中に不便に感じること1

歯列矯正中に不便に感じることは?対処法もあわせてご紹介

歯列矯正は、一度始めるとなかなか中断できない治療です。
それだけに、始める前は特に不安に感じることが多いかもしれません。でも具体的にどんなトラブルが起きやすいか、起きた時の対処法などをあらかじめ知っておくことで、治療への心積もりもできます。
そこで今回は、歯列矯正をすることで日常生活にどんな不便なことがあるのか、いざトラブルが起きた時の対処法についてご紹介いたします。

歯列矯正中に感じる不便なこと「痛み」

多くの歯列矯正治療経験者にお話を伺うと、一番に挙げられるのが「痛み」です。
もちろん痛みの強度は個人差がありますが、ここでは痛みを感じやすい主なシチュエーションをご紹介します。

①定期通院で、矯正装置を調整した後

矯正装置の調整による痛みは徐々に慣れてくる方が大半ですが、やはり歯を動かす以上、ある程度感じる方は多いです。

②調整後の食事

定期通院後の数時間~数日は、食事の際、食べ物を噛みしめる度に痛みを感じることがあります。

③矯正装置の接触で口内炎ができて痛い時

ブラケットやワイヤーの接触による口内炎などの痛みは、比較的起こりやすい口内トラブルです。

「痛み」に対する【トラブル対処法】

①定期通院で、矯正装置を調整した後の対処法

通うたびに痛みにも慣れてきますが、定期通院の度に痛みを強く感じるようであれば、無理せずに痛み止めを使えるように普段から持ち歩くと安心です。ほとんどの歯科医院で処方してくれますので、遠慮せず気軽に相談するのが良いでしょう。

②調整後の食事の対処法

歯の痛みがある時は、硬いものを避け、なるべくやわらかい食材を選ぶのがおすすめです。おすすめの食材としては、うどん、豆腐、スープ、牛乳、ヨーグルト、プリン、ゼリー、卵、バナナ、イモ類、魚など。
一方、厚い肉類や繊維質の野菜も食べたくなる時はあります。そういう時は細かく切って食べやすく調理して食べるようにしましょう。無理をして噛みしめると、ブラケットやワイヤーが外れることもあるので要注意です。また、ほうれん草やもやしなど、繊維が細く器具に引っ掛かりやすい食材は避けるようにしましょう。

③口内炎ができて痛い場合の対処法

口内炎ができてしまった時に限らず、器具が歯茎や舌、口内にあたって痛い場合は、歯列矯正用ワックスで保護すると痛みは緩和されます。口内炎になるときは、器具があたってその傷口から口内炎になることが多いので、まずは口の中で器具が当たらないようにするのが良いです。口内炎ができてしまった場合は、口内炎の薬も処方してくれるので、すぐ相談してみることをおすすめします。

歯列矯正中に感じる不便なこと「装置に食べ物がつまる/歯磨きが大変」

食事後はどうしてもブラケットやワイヤーには食べ物が詰まりやすくなります。食材によっては非常に目立ってしまうので、人と話す時に視線が気になるなど、不便に感じる方は少なくありません。

【トラブル対処法】

これまで以上に歯磨きをすることを意識してやることになります。職業柄忙しい方にとっては歯磨きをする時間を取るのも難しいかもしれませんが、歯磨きセット、手鏡、ようじなどを携帯して歯磨きをするようにしましょう。

歯列矯正中に使うデンタルケアグッズは、矯正歯科の受付などでも販売されているほか、担当の歯科衛生士からもおすすめのケアグッズや正しい使い方などを指導してもらえます。治療中の歯磨きはコツがいります。しっかりと教えてもらった上で、早く「正しい歯磨き」に慣れることで、不便に感じず当たり前にできるようになっていきます。

歯列矯正中に感じる不便なこと「滑舌が悪くなる」

歯列矯正中の不便なこととして、「滑舌が悪くなる」ことを挙げる方もいます。
特に、ブラケット裏側矯正では舌側に装置を付けるため、矯正前の口内スペースよりも狭くなり、発音がしにくくなります。
例としては、舌足らずになったり、「タ行・ナ行・ラ行」が発音しにくくなったりと、滑舌が一時的に悪くなることがありますが、これも徐々に慣れて元のように話せるようになるケースがほとんどです。

【トラブル対処法】

以前のご自身の話すスピードよりもゆっくり目を意識し、はっきり発音することを心掛けることで周囲にも聞こえやすくなります。自宅で鏡を見ながら、口を動かす練習をするのもおすすめです。

歯列矯正中に感じる不便なこと「口紅が矯正装置に着いてしまう」

これは大人の女性特有のお悩みかもしれませんが、歯列矯正で表側に装着するとブラケットに口紅が着いてしまうことがあります。ご自身ではなかなか気づきにくく、「友達から指摘されて初めて気づいて恥ずかしかった」という声もあります。
特に、ブラケットの素材が歯の色に近いものを選ぶと、付着する口紅の色も目立ちやすくなります。

【トラブル対処法】

歯列矯正中は鮮やかなレッド系はなるべく避け、ヌードカラーやピンク系など落ち着いた色を選ぶと、万が一ブラケットに着いても目立ちにくくなります。
また、落ちにくいタイプの口紅や、口紅の上にひと塗りして色落ちを防ぐリップコートを使うのもおすすめです。日頃から手鏡を持参して、小まめにセルフチェックしましょう。

歯列矯正中に感じる不便なこと「まとめ」

今回は、歯列矯正中に不便に感じることとトラブル対処法をご紹介しました。
たしかに治療中は長期間に及ぶだけでなく、これまでの生活に制限がかかる分、不便に感じるのは当然のことかもしれません。
しかし、ネガティブな面ばかりではなく「この矯正期間が終わったら、きれいな歯並びになれる♪」「やっと反対咬合が治って、人前で思いきり笑える!」といったポジティブな将来に目を向けてみることで、不便なこともうまく乗り越えていけるはずです。

実際、歯列矯正を終えて、きれいな歯並びと口元を手に入れると「自信をもてるようになり、これまでよりも自分のことが好きになれた」と言う女性は多いものです。
何より思いきり笑顔で笑っている女性ほど魅力的な存在はありません。
うまく工夫をしながら治療を乗り切って、素敵な笑顔を手に入れてくださいね。

関連コラム

合わせて読みたい矯正の記事