1. ごあいさつ

    白い歯と美しい歯並び

  2. 院内のご案内

    完全個室のリラックスできるサロン空間

  3. 診療時間・アクセス

    東京都品川区大井町に密着して

  4. 求人情報(受付スタッフ)

    資格不要!ホワイトニング受け放題!

  5. 衛生士募集!大井町矯正歯科採用情報

    大井町矯正歯科は働く環境の良さを大切にしています。

品川区の矯正歯科矯正治療

品川区で矯正をはじめるなら

【品川区で矯正歯科をお探しの方へ】「歯科医」「矯正歯科医」「認定医」の違いを解説

歯列矯正は、基本的に「歯科医師免許」を持つ医師であれば治療可能とされています。
それだけに歯列矯正の専門知識や技術をもっていなくても「矯正歯科」を掲げるクリニックがあることを知らない方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回は、これから品川区内で歯列矯正治療を検討中の方向けに、クリニック選びの基準のひとつにもなる「歯科医」と「矯正歯科医」、そして「認定医」の違いについてご紹介いたします。

■一般的な「歯科医」と「矯正歯科医」の違いについて

歯科医とは?

「歯科医」とは、虫歯や歯周病、入れ歯治療など口腔内のトラブルを元の状態に戻すことを目的に、歯科治療(=一般治療)を行う医師のことです。
歯の痛みや歯茎の異常を感じた時はほとんどの場合、一般治療を行う歯科クリニックに行くことになります。お口の病気全般を診断・治療してもらえるので、多くの方にとって受診する機会の多いクリニックであると言えます。

歯科医の主な診療内容

虫歯・歯周病の治療 虫歯を削って詰め物をする。また歯垢や歯石を取り除く。
予防処置 定期的なチェックやクリーニングをし、毎日のケアを指導する。
機能回復 被せ物をしたり、部分入れ歯や総入れ歯などで失った歯を補う。

矯正歯科医とは?

「矯正歯科医」とは、歯並びや噛み合わせの改善のために行う矯正治療を行う歯科医のことです。矯正歯科クリニックで行われる治療は、ブラケットとワイヤーを用いたブラケット矯正や特殊なプラスチックを用いたマウスピース矯正など、さまざまな矯正方法があります。基本的に、矯正歯科医では一般診療は行わず歯列矯正治療をメインとしているため、歯列矯正に伴う抜歯や虫歯・歯周病治療は一般歯科を受診するのが多いようです。

矯正歯科医の主な診療内容

歯列矯正 ワイヤーやマウスピースなどの装置を歯に装着して、少しずつ歯を移動させることで歯並びを治す。

一般の歯科医も歯列矯正を行うことができる?

現在、日本では歯科医師の免許を保持している医師であれば、だれでも歯列矯正治療を行ってよいとされています。そのため、一部の歯科医では一般治療に加えて歯列矯正も行っているクリニックもあるのが実情です。
とはいえ、元々一般的な歯科医と矯正歯科医とでは、本来の治療の目的が異なります。中には治療に関するトラブル事例もあります。
そのため、歯列矯正を行いたいということであれば、やはり矯正に関してより専門性の高い矯正歯科クリニックを探す方が良いというのが一般的な見方となります。
それでは、次のトピックではより良い矯正歯科医探しのポイントとなる知識をご紹介していきます。

■「より良い矯正歯科医に診てもらいたい!」と思ったら「認定医」が良い?

これまでは一般的な「歯科医」と「矯正歯科医」との違いをお伝えしました。
ここからは、さらに矯正歯科医の中でも専門的な知識技術を有する「認定医」について詳しく解説します。

「認定医」とは?

「歯列矯正をするなら、やっぱり認定医がおすすめ」と聞いたことがある人もいるかもしれません。実際、矯正歯科医を調べると「矯正歯科認定医」という言葉を見かけることがあります。具体的にはどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

日本矯正歯科学会では、歯列矯正治療を行う医師について、適切かつ十分な経験を有する者を、「認定医」「指導医」「臨床指導医(旧専門医)と認定しています。
ここではその中から「認定医」の定義についてご紹介します。

「認定医」の定義

認定医は、以下の定義を満たしています。

① 歯科医師免許を有する者。
② 歯科医師免許取得後、引き続き5年以上の学会会員である者。
③ 学会指定研修機関における矯正歯科基本研修修了の後、その期間を含めて、5年以上にわたり、矯正歯科臨床研修を修了した者。または、同等の学識、技術、経験を有すると判断される者。
④ 学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する論文を発表した者。
⑤ 学会倫理規定を遵守する者。

上記の条件を満たす必要があるほか、さらに学会認定医委員会で審査を合格しなければならないため、認定医の資格を得るのは非常にハードルが高くなっています。(「認定医」よりさらに高い水準に位置するのが「指導医」、協会の最高水準として定義されているのが「臨床指導医」です。)

全体の2.5%しかいない「認定医」

日本における歯科医は、厚生労働省(2018年)によると、約10万5千人とされています。
その中で矯正歯科の「認定医」として認定を受けている医師は約2700人、全体の割合では約2.5%となります。
つまり、「認定医」の肩書をもつ歯科医は全体数の中でも希少であることがわかります。
矯正歯科クリニックでより良い治療を受ける際の判断基準として認定医かどうかを確認するのは、腕の良い矯正歯科医探しにも非常に有効だと言えるでしょう。

「認定医」の資格をもつ医師のクリニックを探す方法

歯列矯正治療を専門とする認定医は、どのように見つければいいのでしょうか?
ご自身のお住まいの最寄り駅などにクリニックがあれば幸いですが、なかなか見つからないこともあるかもしれません。そこで認定医のいるクリニックの探し方をご紹介していきます。

①通院希望エリアのクリニック・ホームページをチェックする

開業している矯正歯科クリニックのほとんどがホームページで院長やその他の歯科医の経歴を掲載しているはずです。まずは気になるエリアに絞っていくつかクリニックを見てみましょう。認定医資格を保有する歯科医かどうかは、プロフィール欄に掲載されていることも多いので確認してみましょう。

②「日本矯正歯科学会」で認定医の検索が可能

こちらは普段一般の方が見る機会はないかもしれませんが、公益社団法人「日本矯正歯科学会」公式ホームページでも都道府県別で認定医を検索することは可能となっています。エリアを絞って探すこともできるので、たとえば品川区内で認定医をお探しであれば、「東京都 品川区」で検索するのもひとつです。
ちなみに、現在、品川区内には18名の認定医(2022年9月時点。※指導医・臨床指導医も兼ねている歯科医も在籍)がいるようです。
より専門性の高い認定医に診てもらいたい時は、ぜひ探してみてください。
日本矯正歯科学会公式ホームページはこちら
認定医・指導医・臨床指導医を探す

■まとめ

いかがでしたか?
今回は「歯科医」と「矯正歯科医」、そして「認定医」の違いについてご紹介しました。歯科に関する治療で後悔しないためにも、まずはご自身にとって必要なのが「歯科医」か「矯正歯科医」なのかをしっかりと見極めてほしいと思います。
その上で、矯正歯科医を選択された際、より専門性の高い「認定医」に担当してもらうかどうかを決めると良いでしょう。
またそれだけでなく、ご自宅やお勤め先からクリニックまでの通いやすさやクリニック内の設備など、総合的に踏まえてお決めになることをおすすめします。

歯列矯正治療は長期に渡りますので、ご自身が担当歯科医を信頼でき、安心して治療をお任せできるかどうかを判断してから始めてください。

■品川区で矯正歯科をお探しなら

今回は日本矯正歯科学会の認定医などについてご紹介しました。
重ね重ねになりますが、歯列矯正には長い期間と多くの費用がかかることからも【信頼のおける矯正歯科選び】が成功への道標となります。途中でやむなく転院することにならないためにも、実績のある矯正歯科を選びましょう。

-品川区で矯正歯科をお探しの方-
品川区で歯列矯正をお考えの方や、現在お通いのクリニックの治療でお困りの方は、大井町矯正歯科で始めてみませんか?
当院は歯列矯正の認定医のいる専門クリニックで、これまで数多くの症例を扱ってまいりました。きれいな歯並びになりたいなら、いつから始めても遅くはありません。
キレイな歯並びは審美的な意味合いだけでなく、あなたの健康にもつながります。
歯並び、口元のことでお悩みでしたら、大井町矯正歯科までお気軽にご相談ください。

大井町矯正歯科の予約はこちら

大井町矯正歯科は、矯正専門歯科で、歯列矯正に関する精密検査が可能です。また、日本矯正歯科学会の認定医の資格をもっています。歯並びを治すには早すぎることはありません。気になったらすぐ、お気軽にお問い合わせください。

まずは、公式LINEより無料カウンセリングをご予約下さい。カウンセリング時にお悩みをお伝えください。お口の中の状態を見させていただき、ライフスタイルやご希望を考慮してご提案させていただきます。
公式LINEでは、チャットで直接質問もできます。ご不明な点等ございましたら、お気軽にご相談ください。

LINEのお友達追加ボタン

LINEのお友達追加ボタン

LINEのQRコード

LINEのQRコード

関連コラム

合わせて読みたい矯正の記事